読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BE HUMBLE...

就活2018に挑む男子大学生の記録。

非通知との勝負

「非通知また取れなかったわーーー。非通知とか取れる気がしないんだけど。」

 

「わかる!説明会の途中とかマジ無理!」

 

「俺WEBテの途中に非通知きて爆死したわ」

f:id:lilted:20170423010744j:plain

非通知。

 

それは、片思いの好きな人からLINEがくるぐらいドキドキ感のあるもの。

 

企業によっては非通知でかけてくるので、今か今かと待ち望んでいる就活生も多いだろう。

 

もちろん掛け直すことが出来ないので、気付いたら電話に出ないといけない。

 

非通知を撮り損ね続けたら落ちる...なんて都市伝説もある(実際あるのかもしれないけど...。)ので、非通知のみならず、就活中の電話はドキドキ感満載である。

 

 

 

4月の2週目。

 

企業によってはこの時期から電話やメールなどで、就活生に選考の合否を知らせる。

 

その日、私は説明会を終え、帰りの支度をする前にiPhoneを開いた。

 

げ!電話かかってきてるし!しかも1分前かよ...。

 

その日、私は「どっかのESが通ったんだ」と期待を寄せ、少しウキウキムードとなっていた。

 

次の日からその非通知を待ったが、電話は来なかった。

 

 

 

一週間後。

 

朝の10時半頃であっただろうか。前日に朝から予定が重なり、夜も飲み会であった為、身体がかなり疲れていた。就活は意外と忙しい。ってか忙しい。

 

予定夕方からだし久しぶりに12時まで寝てやるぜ!との思いから、アラームは12時にかけていた。

 

〜♪

 

クソネム。手を伸ばしていつものようにiPhoneのどこかのボタンを押し、いつものように次のアラームまでまた寝る。

 

あぁぁああぁー。

 

あれ?なんかアラームの音違う気するな。

 

まいっか。

 

あ、ちゃうわ!

 

ガバッと起き、iPhoneを開くと、案の定非通知が来ていた。

 

うわぁあぁあああーーーーまぁいっか。

 

次の日からまたその非通知を待ったが、また電話が来なかった。

 

 

 

一週間後。

 

ってか非通知が週1でしか来ない件。なんかおかしくね?いやでも日本全国からエントリーも来るわけだし、そりゃ何百人に電話もかけないといけないから時間もかかるか。いやでも...。

 

その日の午後。志望していた説明会に向かっていた僕は、非通知の事がまだ頭の中にあった。週1って感じが超気になる。

 

あれ、あのビルどこだっけとマップを開こうとしたその時、非通知が来た!しゃ!

 

「はい!◯◯です。」

 

「XX株式会社の△△と申しますが、AAさんでしょうか?」

 

「(...あれ?)あ、すいません。電波が悪いみたいで...すいません。もう一度伺っても宜しいでしょうか?」

 

「はい。XX株式会社の△△と申しますが、AAさんでしょうか?」

 

だれーーーーーーー!!ってかどこ!!!だれ!!俺そんなとこ受けてない!!

 

「あ、大変申し訳ございませんが、私◯◯と申します。おそらく待ちg」

 

「あああ!さようでしたか!大変申し訳ございません!三週間前から間違い電話でかけていました...。大変申し訳ございません。それでは失礼致します。」

 

まーーーーーーじか!

 

三週間分の期待が儚く散った瞬間だった。